販売は経験。ホームページで成果を上げるために

会社の中にある美点や営業の心をWeb制作に生かします。

ホームページ制作会社、岡山のアジル・スイート

販売は経験

相手の気持ちで誠心誠意。

「ホームページは、キレイなら売れるの?」
そこなんです!ホームページはキレイな方が当然いいわけですが、「キレイなら売れる」というものではありません。商用ホームページに絶対必要なのは「売り」の経験です。

会社に必ずある「強み」をホームページに映し込む!

「ホームページを使って販路拡大したい」、そんなご相談をよくお受けします。この時、私たちが一番大切に想うことは、貴社ならではの強みや美点を生かすことです。

こう言うと「いや~、うちはその強みがないんです」「価格もほかに安い所がたくさんありまして…」などという謙遜(?)もよく耳にします。しかし、ご安心ください。それは自分では気づかないだけ、日ごろ意識しないだけで、強みは必ずあるのです。そうでないと、たとえば時計店などは、メーカー直営のネットショップ以外は存在できない話になってしまいます。仕入れ値だって、商品知識だって圧倒的なのですから。しかし、現実には多くの時計店がインターネット上に存在し、それぞれ支持されているのです。

ともかく、業界に長くいるがゆえに、自社の強みが何なのかわからなくなる、という状態はほとんどの会社が経験されるはずです。そんな時は外部のプロの力を活用してください。ホームページ制作のプロというより、セールスや表現のプロです。

汗と涙も財産です

ホームページでも、販売においては最終的には営業経験がものを言います。ネットのお客さんは基本的に消費のプロです。理屈だけで考えたり、魂がこもってないときはすぐに見抜いてしまいます。ですから、販売経験のないコンサルタントやデザイナー任せでは売れるホームページは制作できません。

店頭接客で顔を真っ赤にしたり、法人営業で顔を真っ青にしたり、あなたの会社の中にもたくさんの営業経験によって導かれた、汗と涙の結晶としての「営業魂」が存在するはずです。それを生かすことです。
貴社のスタイルや長所を最大限に引き出し、わかりやすく表現すること。そして、ホームページならではの技術や演出で補強し、一流に仕立てること。それがアジル・スイートのホームページ制作の考え方です。

私たちは営業出身者によるWeb制作会社です

アジル・スイートの主要制作スタッフは、みんな営業出身者です。みずから店頭販売、法人営業、通信販売、広報・宣伝など営業現場の経験者です。
たとえば私は深夜2時のクレーム電話に起こされ、恐いオニーサンの家に謝罪に行ったことが何度もあります。1日に150本以上電話営業して「ガチャン」と切られ続けて胃を痛くしたこと、訪問営業で「ピンポ~ン」とベルを押した途端に電流を「ビビッ」と流されて心臓が止まりそうになったこともありました。
※すべて別の会社にいた時の話です

一方、コンビニ店長時代にはX'masケーキの予約販売で国内1600店中No.1の実績をあげ表彰されたこともありました。正しいプロセスを身に着けると、正しい結果が得られるんですね。これはホームページも同じです。
セールスというのは対面でもインターネットでも同じで、やり方を間違えている間は成果は上がりません。

インターネットは画面しか見えないけれど、画面の向こうには生身のお客さんがいます。良識も感情も、判断力もお持ちです。そして、お客さんは必ず見抜きます。文章と写真だけなのに、うそか本当か、誠実か、すべてわかってしまうんです。不思議ですね。
ですから、商用ホームページでは販売経験が重要です。販売センスがないホームページでモノが売れたり、資料請求件数が増えたりしないのです。かといって、「売ろう、売ろう」としてもダメで、それは販売経験がある方ならおわかりですね。

アジル・スイートでは貴社の販売経験を元にしながら、私たちの販売センスを加えてホームページを形にします。

自分が何をほしいかなんて、それを見せられるまでわからないことが多いものだ。
スティーブ・ジョブズ(米アップル社CEO)