デザインはセンス。会社のファンを増やすために

キレイなだけのWebデザインではなく演出が大切です。

ホームページ制作会社、岡山のアジル・スイート

演出はセンス

ホームページは第一印象がキメ手!

ホームページを開いたその瞬間、お客さんとの出会いのドラマが始まります。貴社の印象は、相手にどんな風に伝わるでしょうか?

・最初の1秒で伝わるのはビジュアル(デザインの雰囲気)
・3秒で伝わるのはユーザビリティ(使い勝手のよさ)
・10秒で伝わるのは社風や人間性(表現の雰囲気)

表現のセンスや技術は、パッと見ただけで「瞬間」に伝わるものです。仮に相手が素人でも、それは一瞬のうちに見抜かれるものです。

デザインは、集客と販売の「接点」です

たとえば、デパートの服売り場。ブランドごとにお店が独自の店構えを作り、自らを表現しています。お客さんは通路を歩きながら「この店に入るかどうか」横目で見て一瞬のうちに決断します。
このようにお店の前までお客さんが来たとして、そこから一歩、中に入ってもらえるかどうかは、ビジュアルが大きく関係します。ここでいうビジュアルとは、デザインがキレイといった表面的なことではなく、空間全体が発する魅力の「氣」です。

売れる店(会社)と演出力

雰囲気がいい、センスがいい、人気がありそう、楽しそう。
売れる店、ファンが多い会社というのは自然とそういうオーラを発しているものです。
Webデザインも同じです。分解すれば、写真がキレイ、キャッチコピーのセンスがいい、文章に説得力がある、ユーザビリティ(使い勝手)がいい、といったことになるのですが、結局のところ、部分ではなくて全体のバランスです。それが演出力です。

ラブレターを書いたことがありますか?

こう、相手のことを想いながら、「自分は相手にどう見られたいんだろう」とか、色々考えますよね。そんなふうにホームページも作るといいと思います。本命デートの時だったら、服はコレ、行く店はどこ、ドライブ・ミュージックはこれ、といろいろ考えて準備しますよね。演出とはそういうことです。

演出を考えるのは楽しいこと。狙いが当たるとさらに嬉しい。そして、相手に喜んでもらえたら、この上なく幸せですね。

貴社にはどんな演出が似合うでしょうか。私たちからもご提案します。

いくら中身が素晴らしくたって、そのよさを伝える外見にしなければ、ダメなんです。
本田宗一郎(ホンダ創業者)